ストレス応答の遺伝子発現機構と
その破綻によ発がんメカニズム

In The News

Dec 15, 2019

総説発表

当研究室が発見した転写因子NRF3 (NFE2L3)とがんに関する英文総説をCancer Scienceに発表しました。

Dec. 3-6, 2019

学会発表

2019年日本分子生物学会年会(博多)において、大学院生 高 越さん、谷 美里さん、萩原 透君、畑中彩里さん、平岡 都さんがポスター、小林がワークショップで研究成果を発表しました。

Nov 2-3, 2019

若手研究奨励賞受賞

第14回 日本臨床ストレス応答学会大会において、大学院生 平岡 都さんが若手研究奨励賞を 受賞しました。

Sept 12-14, 2019

Poster Award

2019年9月12-14日に、東北大学医学部キャンパスで行われた国際学会 "The Environmental Response V"において、大学院生 片山寛之君がPoster Awardを受賞しました。

July 8, 2019

論文発表

May 25, 2019

学会受賞

京都大学宇治キャンパスにて開催された第66回 日本生化学会近畿支部例会において、大学院生 廣瀬修平君が優秀発表賞を受賞しました

Mar 22, 2019

おめでとうございます。新天地でのご活躍を祈念しています。

Dec 15, 2018

懐かしいメンバーが集まってくれました。

Nov 28-30, 2018

学会発表

第41回日本分子生物学会年会において、和久先生、大学院生 片山寛之君、廣瀬修平君、田村奈都子さんがポスター発表しました。

Sept 27, 2018

学会発表

第91回日本生化学会大会において和久先生, 大学院生 青野  栞さん, 片山寛之君, 小林(シンポジウム)が発表しました。

また第77回日本癌学会学術総会でも和久先生が発表しました。

Sept 24,2018

受賞

山形一行先生との共同研究で日本生化学会のJB論文賞を受賞しました。

July 1, 2018

論文引用回数

Keap1-Cul3ユビキチンライゲースに関する論文が、引用回数1000回を超えました(Scopus)。

May 10-11, 2018.

第6回がんと代謝研究会

和久助教、大学院生 畠中惇至が成果報告を行いました。

March, 23, 2018

ご卒業・修了おめでとうございます。新天地でのご活躍を祈念しています。

Dec 6-9, 2017

学会発表

ConBio2017において、大学院生 糀 美早紀さん、学部生 片山寛之君、廣瀬修平君、和久助教が研究成果を報告

しました。

Dec 8, 2017

特許出願

医情報学科 廣安先生、日和先生との共同研究の成果を特許出願しました。

Nov 17, 2017

異動

2年半、大変お世話になった技術員 渡辺秀教さんが筑波大学に異動になりました。

Oct. 16, 2017

日本学術振興会 特別研究員 内定

畠中惇至君が、日本学術振興会 特別研究員DC1の内定をいただきました。

Oct 2, 2017

論文公表

がん細胞におけるNRF3の活性制御と標的遺伝子に関する論文を公表しました。

Sept 25, 2017

研究内容の更新

NRF3による発がん機構に関する最近の成果をまとめました。

Sept 25, 2017

Sept 23, 2017

2017年秋卒業 学位授与式

AM Masudul Azad Chowdhuryが学位 を取得しました。Chittagong大学に復職し、分子生物学による研究を展開します。

Sept 13-14, 2017

2017年合同リトリート

東京大学薬学部 村田研究室と合同リトリートを行いました(@富士吉田市)。

Sept 9, 2017

京都府HPのインタビューを受けました。

Aug 21, 2017

同志社大学リエゾンオフィス ニューズレーターに掲載されました。

Mar. 22, 2017

2016年度 卒業式・修了式

おめでとうございます

Sept. 25-27, 2016

学会発表

第89回 日本生化学会大会において、大学院生 鎌田七海さん、畠中惇至君、和久助教が研究成果を発表しました。

Sept. 1, 2016

研究紹介ムービー

一般あるいは企業の方に向けた研究紹介ムービーができました。

Aug. 27-29, 2016

合同リトリート開催

筑波大学 深水研, 谷本研、関西学院 村田先生、徳島大学 岡村先生との合同リトリートを浜名湖で開催致しました。

Aug. 23, 2016

論文2報

Mar. 16. 2016

特許申請

転写因子NRF3をターゲットとした抗がん剤の可能性に関する特許を申請しました。

Mar. 22, 2016

2015年度 卒業式・修了式

おめでとうございます

Mar. 5, 2015

高次神経機能障害研究センター シンポジウム

東北大学大学院 山本雅之先生を特別講師に招き、開催致しました。

Feb. 3, 2016

バイオインフォマティクス技術者検定 合格

大学院生 加藤裕紀君が、バイオインフォマティクス技術者認定試験に合格しました。

Nov. 17-20, 2015

学会発表

大学院生 久保さんが、The Conference on Transposition and Genome Engineeringでポスター発表しました。

July 26, 2015

酷暑の中、ご訪問くださり有難うございました。

Jun 14-16, 2015

新学術領域班会議 発表

大学院生加藤裕紀君が、ポスター発表をしました。

May 31, 2015

論文

カリム研究員 (現Jahangirnagar Univ.)の論文が、BBRCにアクセプトされました。

Apr 1, 2015

新メンバー

和久 剛助教、渡辺技術員、新4年生が参画しました。

Mar. 14, 2015

    高次神経機能障害研究センター

    日時:2015年3月14日(土)午前9:55より

    場所:医心館南棟輪講室 

Jan. 23, 2015

遺伝情報セミナー開催

   ”Transcription factor Nrf1 negatively regulates the cystine/glutamate transporter and lipid-metabolizing

 enzymes."

      辻田 忠志先生

     東北大学大学院医学系研究科医化学分野

     日時:2015年1月23日(金)午後3時30分〜

     場所:医心館南棟会議室

Jan. 14, 2015

論文

大学院生 井藤喬夫君の論文を、PLOS ONEに公表しました。乳がんにおけるガン抑制遺伝子FAT4の細胞骨格を介した発現抑制機構を解明しました。

Nov. 18-21, 2014

国際学会発表

大学院生 深谷恒介君が、タンパク質分解の国際学会ZOMESVIIIの口頭発表に選出され、発表致しました。

Oct. 29, 2014

異動

MD. Rezaul Karim研究員が、Jahangirnagar University (Dept of Biotech & Genetic Eng)のAssistant Professorとして異動しました。

Oct. 20, 2014

技術員さん

技術員さんとして、須田容子さんと山形優子さんが新しいメンバーになりました。

Sept. 22, 2014

新メンバー

Masudul Chowdhury君(Assistant  Professor, Chittagon University)が新メンバーになりました(博士課程1年)。

Jul. 27, 2014

天候不良の中、多数ご参加くださり有難うございました。

Jun. 27, 2014

セミナー

「幹細胞の居場所“ニッチ”の広さを決めるメカニズム」

  林 良樹先生

 基礎生物学研究所岡崎統合バイオサイエンスセンター

 日時: 2014年6月27日(金)午後4時00分~

 場所: 医心館 南棟4階 輪講室S-A

Apr. 1, 2014

新学術領域「転写代謝システム」

文部科学省 科学研究費補助金  新学術領域研究 「転写代謝システム」の公募研究(平成26年度-平成27年度)に採択していただきました。よい成果が出せるよう研究室一同頑張りたいと思います。

Nov. 12, 2013

武田科学振興財団助成 採択

2013年度武田科学振興財団の医学系研究奨励に谷口浩章助教の研究テーマが採択されました

Oct. 30-Nov.1, 2013

学会発表

第1回がんと代謝研究会(鶴岡)において、大学院生 井藤喬夫君と小林がポスター発表を行いました

Oct 5, 2013

高次神経機能障害研究センター第1回公開シンポジウム開催

2013年10月5日(土)京田辺校地において、神経変性疾患に関する公開シンポジウムを開催しました(写真)。    ご参加有難うございました。

Oct. 3-5, 2013

学会発表

第72回日本癌学会学術総会(パシフィコ横浜)において、大腸ガンにおける転写因子NRF3の機能解析についてポスター発表を行いました。

Sept. 19, 2013

加藤記念国際交流助成 採択

カリム研究員が第25回 加藤記念国際交流助成に採択され、バルセロナで開催されるEDRC2013において研究成果を報告しました

Sept. 12-13, 2013

学会発表

July 9-12, 2013

学会発表

The 35th Naito Conference “The Ubiquitin-Proteasome System: From Basic Mechanisms to Pathophysiological Roles” において、Hrd1とβTrCPによる転写因子Nrf1のタンパク質分解制御機構について小林がポスター発表しました

Please reload

© 2013 by Genetic Code Lab. All rights reserved.  

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now